お寺が7月にようやく新年度となる上、仕事も重なりアップアップ(+_+) 何とか乗り切ろう。前回のブログアップが5月ですから、かなりのブランク。緊張感ゆえの息苦しさは、相変わらず。(-_-;)見た目とそうでない苦しさのギャップ。分かってもらえない苦しさ。なかなか‥。今日は、13組の婦人会総会。1時間ほど、法話をしました。分かるのだろうか、苦しさ。この人たちにも、胸の内を聞かせてほしいのだが。こんな事は、私の問題?

最近、よく思う。体を緊張させ、耐えることが、生きる習慣・基本となっている。(-_-;)しかも、無意識に。人の顔色によって、私の人生も決まる?そう、そのことに、気づき始めてしばらく経つが、無意識にそうなってしまうだけに、なかなか。母親が、まさにその典型でした。苦しくて、しょうがない。原因が分かり始めただけに、遅滞として改善しないもどかしさ。朝、出勤途中の車の中で、こわばっている体を感じて、意識して脱力してみる。なかなか。 
う~ん。よくこなす。ここのところ、やることが目白押し。(◎_◎;)昨日は、午後から第1回目の推進員養成講座。講師が、脳の構造や心理学を述べられたのは意外でした。夜は、定例の組教化委員会。というより、4月から市役所の臨時職員なので、目一杯。(+_+)間・間には布団に入って休んでいます。カウンセラ-からよく「できる人だから」と言われていたのを、思い出します。下園壮太さんの本を紹介されて、サイコ-の評価法を少しづづやるが、意外と「悪かったところ1つ」が思い浮かばない。昨日の講師が、無意識の問題提起をしていたが、そうなんです。無意識だから厄介。刷り込まれた人生脚本の問題と捉えました。これが、なかなか…( 一一)
2016.03.31 ただそれだけ
あることで嫌な思いしても、事柄があっただけで、ただそれだけ。誰かとフッと会ったが、何故かという関連性はとくになく、ただそれだけ。明日別れる職場が・人があるが、流れがそうなっているだけのことで、ただそれだけ。多くの人・もの・現象があるが、その中の一微粒存在としている、ただそれだけ。それ以上以下でもないということか。
スキ-場のアルバイト、よく働いた。1ケ月に、4日だけの休日だから、詰めたことになる。4年半近く、家に居たから、嫌になったのも、原因のように思う。収入も目減りしていく一方だったし。春先のことを考え、今日は市役所の臨時職員の試験を受けた。4月から年度始まりなので、2月の今頃からが、採用情報が多くなる。市役所関係は、どこも1年限定。隣の市の試験もこの後、受けてみよう。アルバイトをしていると、気が付くと、頭の締め付けだけを意識していることが少ないように思う。気を張らざるを得ない結果、そうなるのだろうか。
最近、フッと少年期の感情が蘇ることがある。朝、マイクロバスに乗って、スキ-場に行く時、学童期にバスに乗って不安だったものが瞬間、蘇る。そうだったよな~。心細くて、寂しくて。「うちは特別な存在」「あなたには、無理無理」⇒このマジナイ。怖いお祖父さんの存在。意識に上る前の話か。大変だったんだ。無意識への刷り込みにつき、なかなか。(*_*;
2016.01.25
スキ-場の労働を体験する日々。現場のスタッフは、気性が荒い。(*_*; どこまで持ちこたえられるかテストしてみよう。激高した注意が、私、本人を責められているように反映する。なかなかです。昨日のカウンセリングで、改めて思考・行動・感情のバランスを考える。でも、たぶん元とも哲学的思考の私なのでは? カウンセラ-のHPを何とか作成した。 http://www.zb.ztv.ne.jp/p5xnixjb/

事柄と感情を分けた方が、いいか。そうだよな~。事柄をこなしているのに、自己否定が強いと、やったけどだめだったとなる。私の場合、寂しさが強いため、家族と一緒に居ても孤独感が漂う。人は怖い、人は私をバカにするというフイルタ-をかけているため、事柄を遂行するのに本当に疲れる。ようやく、カウンセリングのホ-ムペ-ジをなんとか作成した。人の悩みを見てみたいのだが。
ブラックホ-ルに吸い込まれるようで、力を入れている、抵抗している感じ。だが、そもそもブラックホ-ルは存在するのか?ひょっとすると、それは母か?緊張感だけが、存在する。一人で、自己防衛する癖がついたのか。う~ん。
おそらく、あれもこれもやりたいのだろう。追う詰めて、切羽詰っていた方が居心地がいいい?自分を認めることができるから?どうも自罰傾向が本当に強い。それなら、逆に建設的・生産的なものをさらにやり続けるか。緊張感を感じながら。「老いて何もできなくなってもいいように」と目指しても、出来る今はやった方がいいのでは。悔いが残ると思う。やった悔いより、やらなかった悔いの方がいつまでもくすぶる。
瀬戸内寂聴さんのドキュメンタリ-番組で、病気で思うように動けない辛さを述べておられた。「社会へ生産的なことができない、今の状態がこれからも続くと、きっとおかしくなりそうです。」やっぱり。この人でもそうか。私が、そうなるのも、当たり前?でも、晩年は社会的生産能力がなくなる。どう、対峙するか。
2015.12.23 幼稚な万能感
幼稚な万能感による、誇大妄想か。そんな気がする。威厳を発揮するが、こと自分や子には、しつけもできない。自分がされてないから。(>_<)これが、お寺に多いか。(-_-;)昨日のカウンセリングでなんか~。も~。 締め付けに注意が行き過ぎて、悪循環か。そうかもしれない。誰でも多少のことは、あるのかも。
母の幻想と同じ幻想の中で生きている。感じるな~。他人は、自分をけなす存在・怖い信用できない人種・油断できない存在。違うよな~。体の芯に染みついている。父親の情けない態度も染みついているのが分かる。(>_<) なかなか。私がいるからあの人はと思いがちだが、違う違う。いようがいまいが、その人、いやその現象は起きている。
2015.12.14 なかなか
う~ん。調子悪い。(>_<)緊張感が取れない。どうしたらよいのか。
年末の老人会による、仏具磨き。普段、会わない人も、暮らしていたんですね。私も大変ですが、それぞれ大変なのでは。地域の情報が飛び交い、そうなのかと思います。それにしても、頭が締まる。(>_<)もう、わからん。
404.jpg