スキ-場のアルバイト、よく働いた。1ケ月に、4日だけの休日だから、詰めたことになる。4年半近く、家に居たから、嫌になったのも、原因のように思う。収入も目減りしていく一方だったし。春先のことを考え、今日は市役所の臨時職員の試験を受けた。4月から年度始まりなので、2月の今頃からが、採用情報が多くなる。市役所関係は、どこも1年限定。隣の市の試験もこの後、受けてみよう。アルバイトをしていると、気が付くと、頭の締め付けだけを意識していることが少ないように思う。気を張らざるを得ない結果、そうなるのだろうか。
最近、フッと少年期の感情が蘇ることがある。朝、マイクロバスに乗って、スキ-場に行く時、学童期にバスに乗って不安だったものが瞬間、蘇る。そうだったよな~。心細くて、寂しくて。「うちは特別な存在」「あなたには、無理無理」⇒このマジナイ。怖いお祖父さんの存在。意識に上る前の話か。大変だったんだ。無意識への刷り込みにつき、なかなか。(*_*;