2016.01.25
スキ-場の労働を体験する日々。現場のスタッフは、気性が荒い。(*_*; どこまで持ちこたえられるかテストしてみよう。激高した注意が、私、本人を責められているように反映する。なかなかです。昨日のカウンセリングで、改めて思考・行動・感情のバランスを考える。でも、たぶん元とも哲学的思考の私なのでは? カウンセラ-のHPを何とか作成した。 http://www.zb.ztv.ne.jp/p5xnixjb/

事柄と感情を分けた方が、いいか。そうだよな~。事柄をこなしているのに、自己否定が強いと、やったけどだめだったとなる。私の場合、寂しさが強いため、家族と一緒に居ても孤独感が漂う。人は怖い、人は私をバカにするというフイルタ-をかけているため、事柄を遂行するのに本当に疲れる。ようやく、カウンセリングのホ-ムペ-ジをなんとか作成した。人の悩みを見てみたいのだが。
ブラックホ-ルに吸い込まれるようで、力を入れている、抵抗している感じ。だが、そもそもブラックホ-ルは存在するのか?ひょっとすると、それは母か?緊張感だけが、存在する。一人で、自己防衛する癖がついたのか。う~ん。
おそらく、あれもこれもやりたいのだろう。追う詰めて、切羽詰っていた方が居心地がいいい?自分を認めることができるから?どうも自罰傾向が本当に強い。それなら、逆に建設的・生産的なものをさらにやり続けるか。緊張感を感じながら。「老いて何もできなくなってもいいように」と目指しても、出来る今はやった方がいいのでは。悔いが残ると思う。やった悔いより、やらなかった悔いの方がいつまでもくすぶる。