上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うん。疲れ気味。そう。「自分がない」この感覚。苦しんできた。いや、「自分がいない」と言ったらいいのだろうか。人をみると、「核」と言ったらいいのだろうか、自分を持っているように見える。感情・感覚を置いてきたのだろうか。現実とのフィット感が得にくいのも、そうなんだろう。よって、周りを必要以上に気にする、緊張感だけが増していく。周りの視線が異常に気になり、疲れてしまう。(-_-;)なかなか…。
スポンサーサイト
う~ん。頭の締め付けは続くか。(-_-;)話すとき、唾が出て苦労する。緊張からくるんだろう。母のせいにしてきた、いや、せざるを得なかったツケなのだろうか。「こんなに、俺が大変なのに分からんのか!」と。逃げることから、正面を向かざるを得ない怖さなのか。夜、就寝前に唱えてみよう。「母よ、さよなら、さよなら」と。
明日は、いよいよ組の予決算・報告計画を審議する年度初めの組会。(*_*;学童保育と並行して資料つくりを進めてきた。「お盆」も挟むため、かなりのワ-ク。なんとか漕ぎ着けたといったところ。(-_-;)それにしても、学童保育してて思う。なんで、こんなに人の目が気になるんだろう。それには、なんか「怒られる」といった無意識のものが揺さぶる。怖さ。無意識だけに厄介。自作自演なんだろうけど、本当に悲しくなり、生気がなくなる。おそらく、幼少期のものが働いているのではと思う。そんなに、人は私を「ダメ」扱いしていないと思われるのに。単なる注意・動作が、私を否定しているように映ってしまう。

昨日からお盆参りが続きます。人は亡くなっても、ご縁のあった方々の心に生き続けます。ということは、私が後に生き続けるには、今をどう生きるかと問われます。母も父も生き続けているが、これはかなわない。出て行ってほしいなんて、後に思われ続けるのはいかにも悲しい。(-_-;)緊張感、なかなかシブトイ。(*_*;

2015.08.13
連日の学童保育で疲れ気味。事実を見ていくか。そうなんだろうな。保育の仕事をしていて、誰も特別に私のことを見ている訳ではないのに、一人頭が締まっている。(-_-;)この場面にちょくちょく出くわす。頭は締め付けられているんだが、体の筋肉の力を抜いている感じを味あうことも、ちょくちょくある。現実をみる練習といったらいいのだろうか。ギャップを感じながら。先日、合間を縫って、福井に家族旅行。片町、久しぶりでした。恐竜博物館も何年振りだろう。相変わらず、盛況です。
389.jpg390.jpg
昨日は、門徒さんによる本堂・境内の大掃除。今年は、5年に一度の近隣の五ケ寺で行う12月の報恩講の当番なので、この年は障子の張替も行う。(*_*; 猛暑でした。朝、8時半からスタ-トし、お昼を挟んで夕方5時半まで。障子の張替は本当に大変。(・.・;)これから5年先のことは高齢化のこともあり、出来るか分からないのでプラスチック障子に張替えました。暑いのと、やってもやっても終わらないので途中、何度も嫌になりました。緊張性頭痛という認識でいると、心の病ということから離れるので、いいのかも。頭が締め付けられても、頭痛はこんなもんと片付きやすい。人前で話すとき、緊張し言葉が出にくい時も、これが素直(シャイ)で、感じが良いところと少し認識できる。そういえば、一週間、薬は服用しなかった。(+o+)緊張感、嫌は嫌なんだけど。
385.jpg386.jpg
384.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。