う~ん。「負けたらアカン」という信条が根深くあります。(-"-)カウンセラ-に「誰に負けたらアカンの?」と聞かれるのですが…。勝手に一人で戦っている?認めてほしい、認められたい、褒めてほしい、褒められたいの反動だろうか。「認められるべき」「褒められるべき」⇒認められる、褒められるに越したことはない。評価は、人それぞれだから。エネルギ-を使い果たしてしまうのです。久しぶりに子どもと近くのプ-ルに。背泳ぎのキックのコツを教えたら、もう20m泳いでいる。(+_+)素直は上達が早い。
考える、創造する、決めることを幼少期からしてこなかったことを実感。(-"-)そういえば、覚える社会より、応用問題が多い数学はほとんど出来なかった。(*_*)中学高校では、通常の行事以外ものが入ると、臨機応変が効かないため本当にハラハラしてました。直線で一本しか道がないというのは、ずれることが恐怖。(>_<)強迫神経症の根は育っていった。当然、生きづらくなる。固定せざるを得なかった環境も影響は大きい。カンセリング講座の帰り道、隣に座っている男性が「19歳頃まで不登校でした。」と。エッ。それがどうかしましたか。?という雰囲気。人は分からない。
庫裏と本堂の渡り廊下に敷いてあるジュ-タンが古く気になっていたので、8月の門徒清掃の時、処分してもらおうとやりだしたら午前中、2時間かかり疲れた。昼食後、2時間昼寝。(>_<)親の中途半端な整理を実感。しかし、昔住んでいた庫裏にいると、時間が止まっているのを感じます。(-"-)静かなのはいいですが、空気が淀んでいる、止まっている。ストロ-ク(刺激)がない。夕方、装束を探しに蔵へ。なんと、祖父母の結婚式、親子の写真を発見。時代は、変わった。(+_+)
2013.07.28
伊吹山3合目で開催された高山植物観察会の「ユウスゲまつり」に子どもと参加。見事なもんです。(*_*)一面、ユウスゲが。毎日、午後3時ごろ咲き始め翌朝に散る一夜花。不思議です。(+_+)3合目に来たのは、20年ぶり?ここでも標高700m。夜は、地元の祭りに。なんでだろう。楽しいものを懸命に求めている気がする。それだけ、嫌な・寂しい思いはもうしたくない、空虚を埋めたいと働いている。(-"-) 

195.jpg197.jpg196.jpg199.jpg
... 続きを読む
う~ん。なんとなくメガネの度数が合っていないのでは、と思いメガネ屋に行きました。3年ほど前に調整したのですが、やはり合っていない。(-"-)加齢とともに近視がゆるんでいるので、「これでは疲れるでしょう」とのこと。ひょっとして、頭の締めつけ感に関係していたのかも。(>_<)感覚で動くと、案外、当たっている。エネルギ-がなくなった状態では、その動く言う事が出来ないのですが…。ジブリの作品「風立ちぬ」見ました。昨年、県立大学の心理学講座で、ジブリの作品を解説され、深~く共鳴したせいもあり初日に見ました。空気に色が付けられたような感じ。
最近、テニスを週2回、スイミングを1回、カウンセリング講座を1回と続けたら、さすがに疲れてきた。(*_*)足のふとももに張りがある。筋肉質になったようで、嬉しいのですが…。昨日は、外出せずに家の整理。公民館から本堂に借りていた机を返しに。8月4日は、門徒さんによる本堂清掃、7日は老人会による仏具磨きと続きますもんね。やり始めると思うのですが、室内でも意外とやることは多い。(-"-)いつも、外ばっかりというより、メリハリをつけた方がやりやすい。(+_+)
近くの歴史講座で、市内歴史探訪。こちらの講座は、平均75歳前後の方かな~。元気ですね。だれも、お前は嫌いだとは言いませんが。(-"-)それが事実。恐れているのは私の頭脳か。染みついているのでなかなか取れない悲しさ。(>_<)畑で、ようやく食べれるようなスイカが出来ました。昨年は、上手く成長しませんでしたが、今年は後3個くらい取れそう。病気として暮らせば病人になるし、普通として暮らせばごく普通の人になるという事かも知れない。
192.jpg 194.jpg
実は、私の感覚、感情はきっとおかしいに違いない、人様に笑われるのだと決めつけていました。(-"-)そういえば今、フッと蘇りました。幼少期、出した感情を親、祖父に笑われたことを!私の感情は、間違っている、おかしいと思いこんだ。(>_<) スッと出せたら楽だろう。感情を隠してきた家系。ついに、私が悲鳴を上げた。もう、嫌なんです。そういえば、従兄に吃音の人が数人いる。そういう土壌の上に生まれたという事。(*_*)いかんですよね。子・孫が後々まで苦痛を背負うことに気づかない家族は…
昨日、カウンセラ-と話していて、朝、起きずらいのも気分が悪いのも病気というより体質かもしれないと思いました。(-"-) FC(自由な子ども心)がてっぺんの人でも、朝起きにくい人もいるのか。100人の人に聞いてみたい。そうしたら納得するかも。(+_+)ブログに来ていただいた方で、聞かせてもらえるとありがたいのですが。 病気にすることで、とりあえず納得させている?ちょっと過敏程度のものなのかな…。過敏が嫌だから逃げよう逃げようとしても、アリ地獄のように深みにハマっていくだけか。神経過敏は仕方がない。でも、それによる苦しみは、だからこそ共感できる能力があるか。やっぱ、目指すは僧侶カウンセラ-かな。
現状に満足できない苦しさ。「ダメだ」「ダメだ」が奥深くに入り込んでいる。(-_-)疲れているのも私のせい、動けないのも私のせい、頭が締まるのも、…う~ん。「ダメだ」⇒なにが?、どの部分が?、どこが?、どうして? 真剣に論証が必要に思います。それと、やっぱり褒め足りてこなかったのは大きいです。幼いながら、充分、やっているのに。(-_-;)褒められるべきところを褒められていない。愛情表現が下手だったということ。(>_<)
満足感が得られない苦しさ。(-"-)やらされている感の延長線上にいるという事か。?何か、完璧を求めているのだろうか?苦しみは、もともとあって、無くなるものではないか。(*_*)「昼下がりのけだるさ」「退職後の暇」っ昔から聞いたな~。なにか「そんなことではダメだ」「ダメだ」って迫ってくるんですよね。(>_<)安らげない。そんなに劣っているのか。昨日、妻が怒ったので苦しい思いをしていたが、朝聞いてみると私の一人思い。ケロッとしている。なんか~。
う~ん。暇。生きていくのが精一杯の時代はなかったのに、物質的に豊かになった現代、精神的に病んでいる人が多いのもうなずけます。退職した後は、一日一日が自己責任。きっと私の思いは、数人のグル-プで楽しみを共有し、体を動かし、今日も一日よく動いたという思い出が残るもので終わりたいのだ。(-"-)一昨日、セカンドオピニオンで大きな病院を受診したが、今のままで回復をめざしたら良いのではとのこと。依存とはいえない薬の量か。「20代、30代の頃と比べると楽になっているでしょう」といわれ、そのとうりだなと改めて思いました。現在の苦しさだけに焦点を当てるものだから、改善していることにも気が付かない。(>_<)ジワリ、ジワリか。
う~ん。頭の締めつけ感による緊張は、仕方ないのかな(-"-)どうも、減薬を一定期間すると苦しくなってくる。(>_<)大脳辺縁系で感情を司るというが、正に首に近い脳の下部が押さえつけられる感覚。反動の繰り返し?昨日は、畑で収穫したキャベツ、ピ-マン、ししとう、ナスで野菜炒めを作りました。新鮮だから美味しい?子どもも称賛。(+_+)油いためというと、なんとなく面倒な気がしていましたが、作り始めるとアッという間。夕方、蔵に入り古きものを眺めていましたが、元治時代の出版の教科書が。江戸幕府の末期。良く残っているもんです。(T_T)
う~ん。昨日は良く歩いた。帰り、万歩計持っている人が12000歩て言っていた。(*_*)なんせ35度の猛暑の中での歴史友の会による大阪城現地研修。こんな炎天下、歩きまわっている不思議な団体?畳35枚分の巨石。どうして運んだ??現在の大阪城は、豊臣秀吉が築いた大阪城の上に徳川幕府が築いたものか。豊臣秀吉が築いた大阪城の下には、蓮如上人が築いた本願寺が眠る。正に3重構造。(T_T)不思議というか、表面だけでは分からない。それにしても、友の会の方で特段、怖い人はいないように思う。周りは敵なんて、何を思っていたのだろう。(>_<)
190.jpg188.jpg189.jpg187.jpg
朝、布団の中で「ありがとう」と思ってみる。するとなにか、すごくガツガツした、どうして俺がという感じが浮き彫りになる。正に、対局の事なんでしょう。「ありがとう」という世界もあることに気づかなかった?「させられる」思いが人一倍強かった私は、「かわいそうな私」をやってきたということになる。そこには、幸福感は存在しなし。(-"-)長い間、私だけがこの世で一番苦しいと感じられるのは、そこら辺に原因があるように思う。
毎日、朝10時ごろと夕方5時ごろ杖をついて本堂にお参りする近所のご老人がおられます。一歩一歩がなかなか。気が付くと、本堂の扉を開けて境内から本尊が拝めるようにするのですが。階段は無理ですから。今日、同じように階段に腰掛けて、話をしてみました。85歳で、若い頃は東京にいたとのこと。(*_*)「蟹工船」やドストエスキ-を夢中で読んでいたとのこと。(T_T)定年退職した後は、暇で暇で困ったとのこと。(-"-)思わず、今の私と一緒ですねと苦笑い。(>_<)10分足らずでも、その人の人生に付き添えたらいいように思います。
今週は暇な日が続く。退職すると、自分で何をするか決めないといけない。(+_+)取り残され不安が増強するときです。昨日は、カウンセリング講座に出ましたが、やっぱ緊張します。発表するというのは全身汗だくの状態になります。これが、そんなに嫌なことに感じなくなってるだけでも進歩か。メンバ-の女性が「いじめたくなる、かまいたくなる」と私を評していましたが、母性本能をくすぐるということでしょうか?講義の中で、母親がいつも子どもの前でタメ息をつき、子どもにプレッシャ-をかけ「かわいそうな私、ひどいあの人」を押しつけてくる場合、なかなか回復が難しく長期化するとのこと。ちょっと、それって私の事ですが…(>_<)
7月1日は「琵琶湖の日」にちなんで、今日は地域一斉草刈掃除。午前8時から11時まで。汗びっしょり。(>_<)普段、顔を合わさないご近所の方とも。一緒にすると連帯感が生まれて良いですよね。緊張感から連帯感を差し引きしても絶対イイ。これをしてこなかった。お寺のもんがすることではないとかで。でも、ひそかには、みんな一緒にやっているのがうらやましかった。本当、いつの間にか「出来ない」と思うようになっていた。(-"-)昨年、草刈チエンソ-をホ-ムセンタ-で購入して、恐る恐るやりだして今年が2回目。普通に、草刈をしている。人と何かした方が、後から落ち込みが少ないことを感じています。(*_*)
そうなのか!今日の交流分析学習会でのワ-クで、「いいところ」30種類の中からメンバ-4人が私につけた評価は「誠実な」「穏やかな」が全員〇で、「話をきいてくれそうな」が3人、「あたたかい」が2人。(+_+)エッ、それって、人の中に入っていきやすい人とちがう。(-"-)人の中に入っていけないと思い込んでいる私とズレがある。(>_<)そう、家庭環境で教えらた、「この子はね、ちょっととか、無理とか埋め込まれた」ものと違う。もう、どないなっとるんや!ようするに、幼少期、褒められてないだけの事か。なんか、少し自己肯定感をもらった学習会となりました。だから、止められない。
明日から梅雨空?午前中に布団干し。太陽を吸った布団は気持ちいいですもんね。(+_+)育った母屋で感じたんですが、太陽が当たる南側に大きな本堂があり、母屋は一年中、直接日差しがどこからも入らない。(>_<)夏でも室内は涼しい。これって人間というより動植物が育つのには、良い環境ではないな~。「もやし」は育ちやすいでしょうが…。人とぶらっと接すると元気になるのですが、相手があることなので毎日というわけにはいかず…。接することがない今日のような日は、また気分が落ち込む。(-"-)頭が締めつけられる。脳に筋肉があり、まるでその筋肉がギュット頭を締めつけるような感じです
185.jpg