減薬が、体に馴染み始めてきたように思います。朝起きた時の、爽やかさ。頭が楽な感じ。抑うつ感はあるものの、当分は仕方ないと見ている自分。(+_+)今まで、脳がホルマリン漬だったのではないか。(-"-)怖いことです。一方で、自我が徐々に育ってきたから好転しているのかもしれません。相乗効果。妄想と現実。ここを意識して。 
疲れたら休む。当たり前のことですが、【もっと】【しっかりと】というドライバ-が心に深く入っていると、これがなかなか。(+_+) 30年近く、自我が未成熟のなか、薬を服用しながら無理やり働いてきました。早期退職した今は、ゆっくりすれば良いのですが。薬の離脱症状にも、時間をかけてやれば良いのですが。したいこと?歴史・遺跡の散策。少人数の仲間で、行動すること。 『夜と霧』のフランフルの言葉。「人生に絶望するより、人生が求める意味・使命に目を向ける」か。 私の使命…
昨日、カウンセリング講座に出席しましたが、講師から他の受講生から十分受け入れられているように見えますがと。(-"-) ところが緊張(頭の締めつけ)感に圧倒されそうな私。頭では分かっても、湧き出てくるどうしようもない感情。現実と妄想のズレ。悲しいです。(>_<) ズレた妄想から、勝手に自ら委縮し、緊張している。その勝手な緊張に耐えられず、長年の抗不安薬の服用。カウンセラ-によると、頭の締めつけ感は、薬の離脱症状とのこと。ズレた妄想を、確認していくことが大切。(+_+)
昨日は父の3回忌法要。1昨日は、門徒さんの葬儀。疲れました。(>_<)体が疲れ、ゆとりがなくなってくると、持病の緊張感(頭の締めつけ感)・抑うつ感が強まります。一層の事、放り出したくもなりますが、そういうわけにもいかず、やってくる現実をこなしていくしかありません。(+_+)交流分析のFC(自由な子ども)が低い私には、いい加減にできず、難行苦行です。昔、アメリカ軍によるベトナム侵攻の際、枯葉作戦にて、ベトちゃん・ドクちゃんという、頭は2つですが、体が一体というこどもが誕生しましたが、私はイメ-ジ的に母親と頭が一つで体が2つという感じのように思います。この分離作業、なかなか大変。(-"-)
妄想と現実か。先日カウンセリングを受け、改めて事実の厳しさを思い知りました。(>_<) 妄想(思い込み)の中で、生きていた50年以上の世界。強烈な病的な思い込みの中で、共依存してきた母との世界。年月が年月だけに染み込んでいるか。(-"-)ちょっとよくなり、自分に合っていない仕事を始めようとすること自体が妄想か。回復し始めたのは、緩んできたからですが、それは時間というゆとりがもたらしているのに、すぐに一般の人でも苦労するような職種仕事は確かに無謀(+_+)まずは、現在置かれている状況に満足しているかどうか。
家族で千代保稲荷へ。賽銭の代わりに、油揚げを入れる(+_+) へ~。どうなっているのか?価値観が変わればこうなるのですか。(*_*)それはともかく、門前市は楽しいですな~。700メ-トルの長さにびっしり。歩いた後の疲れは、心地よいです。帰り、梅が咲いていました。
149.jpg 150.jpg
昨日は、市民大学で市内の散策コ-ス設定のための現地調査。丸1日でしたが、本当に天気が良く、楽しかったです。歴史にはなぜか惹かれます。細い川(溝?)を挟んで、近江と美濃の境が。昔、この川を挟んで両側に旅籠があり、大名が寝ながら隣の藩の情報が得られたとのこと。(*_*)「寝物語の里」として残してあります。ロマンを感じるな~。!(^^)!「平成の名水百選」に選ばれている所では、透き通った水に心が洗われる思いがしました。鱒が、泳いでいました。近場で、次から次えと知らなかったことが。(^_^;)人は、私を嫌っていない・批判していないという事を再確認させられました。
146.jpg 147.jpg 148.jpg

久しぶり、旬の画像です。家の敷地の隅に、ふきのとうが咲いていました。春なんですね。(*_*)居住区の近場で、セツブンソウが満開でした。自生のセツブンソウは、希少です。今年も、3月17日にセツブンソウまつりが開催されます。時間の構造化を思い出します。良い気分を味わうように、行動することが必要に思いました。

144.jpg145.jpg

う~ん(-"-) なんか今一つ。不燃焼。家にいるのがつまらなくて、ハロ-ワ-クに行ってみる。どうしょうか。(+_+)抑うつ、抑え込む、我慢するといった癖は、習慣になっており、なかなか抜け出せません。(>_<)今月から始まったテニスに参加しましたが、抑うつ感が強くて…。母に預け過ぎた人生。主体的に動くと言う事がなかった。自分で乗り越えていくしかないのか。う~ん。