上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01.30 今に往生する
そのまま、そのままで良い!⇒森田療法の「あるがまま」に通じるように思います。緊張したまま・不安なまま目先の日常をこなしていく。(*_*)何か、救いって別世界にあるのではなく、今ここなのでしょう。追い求めても、追い求めても逃げていく。(-"-)緊張したら、体の力を抜いてみる。どこかに、行くのではない。先日、医者からのアドバイス。「薬を止めようと戦っているうちは、なかなか難しいですよ」「気が付いたら、飲み忘れていた」位の自然さが本当に離れていく姿とのこと。そういえば、眠ろう眠ろうと思った方が、寝つきが悪い。眠れないと往生したら眠れたとの同じ。(+_+)
スポンサーサイト
今朝、思ったのですが「アホにされるな」「アホにみられるな」という根深い信条が無意識に入り込んでいると思います。交流分析で禁止令というのがありますが、私はこんな禁止令が入り込んでいる。(-"-)その信条に従って、良く見せよう・認められるように振る舞うということになります。いつも、ビクビクしている。そこには、余裕なんてない。(>_<)無意識だけに、根が深い。しかし、一つひとつ気づいていくしかない。(*_*)
2013.01.27 癖と心の関係
癖ってありますね。正しい箸の持ち方は、2本の箸の内、上1本は親指・人差指・中指で持つという事ですが、私は親指と人差指だけで持っています。(+_+)直そうと、下1本に置いている中指を上1本の箸に持ってくるのですが、どういうわけか親指に力が入り、上手く物をつかめません。(-"-)必要ない力が入っている状態。思ったのは、心の状態もそうではないのかと。緊張する家庭環境で育ち、いつの間にか必要ない時も緊張する・力が入った状態になっている。息子は、正しい箸の持ち方なので、「どうしたら、そうなるの?」と聞くと、「いつの間にか、自然と」と。癖なら、戻すことは可能。グッと緊張している時、意識的に力を抜くことをしていれば、それが当たり前になっていくのだろう。理屈が理解できただけでも、楽になりました。
強迫観念。⇒追い立てられる・責められる・不完全感に悩む…確かに苦しいです。(>_<)しかし、誰に追い立てられるのだろう?誰に責められるのだろう?現実に、追い立てた人は何人いる?責めた人は何人?こう考えていくと自分で自分を苦しめていることになります。仮想の敵におびえている。(+_+)う~ん。嘘の世界に身を投じている。悲しい。親から・環境から学んで、50年半ばまでそこに住んでいた。(-"-)かなわんな~。
昨日、カウンセラ-と面談。「今が満足できなければ、苦しさは続きますよ」とのアドバイス。(+_+)そう、強迫的な完全壁から、当初の目的を達成しても、そこでさらに高い理想を描き、安らぎ(温泉に入った時のような満足感)を味わないようにしている。(>_<)欲が深いともいえる。「完全な形」は、あるようで実は存在しない仮想の姿。これを追い求め始めると、労多くして実少なしのモ-ドに陥ってしまう。それには、なるだけ具体的に動くのが良いように思います。今日は、起きられず午前11時に起床。妻と、日常の事を話しているうち楽になってきました。ホントにウッカリすると、無間地獄に落ちています。(-"-)
うう~ん。頭が重い。(>_<)頭重感。なんなんだろうと悲しくなります。まだ、薬は必要か。いつになったら…(-"-)近くのカウンセリング講座、受講後、プ-ルに。いつも通り、800メ-タ-泳ぎました。確かに体は、心肺機能が高まり、新陳代謝が進み喜んでいるよう。早く楽になりたいな~(+_+)
久しぶり、近くのカウンセリング講座を受講しました。午前午後の一日。人の中に出ていくという事は、なんか良いもんです。一人っきりと思っていた自分から解放されます。緊張はしますが。(*_*)体感できる満足感の方が上回ります。いつも後で感じるのですが、なんて偏った世界にいるのだろう。帰りに思ったことは、母の徹底したI am not OK you are OK 。極端な自己評価の低さ。これでは、私が苦しいはず。(>_<)
今日の朝刊に、名城大学のグル-プが思春期のストレスは、後の人生にうつ病などの発生を起こす因果関係をネズミを使って解明したとのこと。(*_*)そういえば、小学校のころ寝室で目覚めた時、居間から時計の音がカチッカチッと静かすぎる淀みの空間から何とも言えない物寂しい音をたてていましたが、その音が今朝、布団のなかで聞こえるのです。(>_<)子どもにとって、あまりにも刺激がないというストレス。悲しい限り。(-"-)
「過去と他人は変えられない」…交流分析の大原則。母が亡くなり、やるしかない状態。面倒なことは、逃げれていたのですが、前に立ってくれる人がいない状態では、横風も私が受けなければならないし、進まなければならない。(T_T)本当の意味で、人と直接会うという事。怖いように思っていたけど、意外にそうでないような気がしています。逆に、頭の中で「怖い仮想の人間」を作っていたのかも知れない。前に立っていた人から教わった「他人の姿」は、かなり現実離れしたものだったのだろう。(-"-)
母が亡くなってから、立て続けに葬儀が。直後は、申し訳ない気持ちで「どうしよう」という感じでしたが、それさえも感じている暇がないくらいに。(*_*)結果的に、かなり薄れています。なにか、亡くなったのが昔のように思えます。(T_T)
う~ん。(-_-;)朝、頭が重い。深海にいるみたい。水面に浮かび上がるのに、しんどくて。(*_*)起きて、動き始めると緩和するのですが。昨日で、母が亡くなって丁度2週間。あの時も、同じように県立大学の講義を受講し、帰りプ-ルに入って帰宅した。確かに、人間は感情・行動・思考で成り立っているという交流分析の考え方はそのとおりだと思います。もうすこし、不安・緊張が和らぎ、モチベ-ションがあがればよいのですが。取り繕いやってきた生き方はもう限界に達したという事。フリ-ズした。再インスト-ルした方が、動きやすい。時間とエネルギ-が要りますが。(>_<) 
母が亡くなり、今日で12日目。(*_*)今日は、中陰の2七日法要。実感として、まだ生存しているように思います。これが、妻・子どもだったら大変な思いを抱えることになるのでしょう。グリ-フセラピ-が必要なのも分かります。(-_-;)まずは、中陰法要を優先し、今月はカウンセリング講座はお休み。死亡届から相続関係までかなり手続きが多いです。今まで、母に任せていた寺院の庶務もやらなければいけないし。落ち着くのは、当分先(-"-)
漠然とした不安。そこから起きる緊張。具体的に一つひとつこなしていけば、大した事でないことが分かる。(*_*)不安感の虜になって、受身でジッとしていると不安感は持続し強固になり本当に動けなくなる。瞬間に「出来ない!どうしよう」の思いが湧きおこり、大きな壁となって立ちはだかる。エネルギ-はどんどん失われていく。薬を服用せずにいられなかった不安感・恐怖は、そんなもののように思います。
2013.01.05 徐々に自立
そう。いつも私の前には、母がいた。晩年、「前をうろちょろするな」と言ったことがあるが、しんどかったのです。(>_<)母の心配を一方的に押し付けられ本当に苦しかった。私も、母の陰に隠れる癖が付いてしまった。だから、いつも責任は母に。人との交渉・折衝も母に。うまくいかなければ、母の責任。なんとなく、弱い人間のまま。(*_*)物理的には、私の前に立つ人はいなくなった。さあ~
どうしようもない後悔の念が突き上げてくる。不安定なのです。思春期に反抗期を得ず来てしまった私は、最後に反抗期?を迎え、母は寂しさ?の中で亡くなったことになるのか。(>_<)これで良かったのか?混乱する。母が倒れていた現場で、実際、私も倒れてみる。どんなことを思ったのだろう。しかし、これだけは言える。過保護・過干渉でいつも心配している母に応えようと私は、無理をして生きていた。気がつけば、私の存在は透明になってしまっていた。自分が、何者なのか分からない。(*_*)
2013.01.02 母の死
母が年末亡くなった。正に突然の出来事。(+_+)人は死ぬのだ。当たり前の事のように思っていたが、現実を突きつけられると信じられない。交流分析を学び始め、共依存・アダルトチャイルドの現状を理解するにつれ、母が憎くて憎くて仕方がなかった。(-_-;)最後は、かなり無視していた。今、母の部屋に入ると、寂しかったろうとの想いが突き上げてくる。また、母の日記を読むと、一途に私を心配していたことが分かる。私は、これを「いつまで私を支配するのだ」と感じていたことになる。すれ違いだったのである。私はこれで良かったのだろうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。