そう、あの日も暑かった。高校の授業が終わり、話し相手がなく、そそくさと一人自転車駐輪場から帰る。学校帰り、学友と話していないのは、もう半年以上だろうか。観音坂と呼ばれる、坂道が本当にきつい。この坂道にかかると、どういうわけか「いちご白書」を口ずさんだ。しかし、歌詞が不明瞭。毎日、毎日一人ぼっちの寂しさ。今日、ラジオで大阪大学の教授が損した時の方が、得した時より2・5倍のものがあると話していた。寂しさも同じではないのだろうか。楽しい時より、2.5倍の悲しみではないだろうか。無意識に押し込んでいる悲しみを、文字にした方が昇華作用で軽減されるような気がする。  
2017.06.17 発達障害
疲れたな~。(一一")脳内疲労か体力疲労か、どっちなんだろう。【すっきりしない】感が、嫌で仕方ない。カッタ-シャツに格子模様が入っていると、模様が曲がっていないで、ズボンに収まっているか気になって仕方ない。とらわれる。もう、こんな疲れ方、嫌になる。若い時から、もう、いろんなとらわれに焦燥してきた。フイット感を、もてあそぶようなものだが。やっぱり、多少は発達障害があるのだろような。
最近、過去の映像が断片的によく蘇る。先週、愛知県にいる兄弟の家の法事があった。車で、1時間30分。昔はよく、甥・姪を送迎したり、母を送って行ったりした。その途中に、よく立ち寄ったス-パ-がある。帰りに、どうしても立ち寄りたくなった。何年、いや何十年ぶりだろう。鮮魚・日用雑貨コ-ナ-の、この辺りを亡き母と訪れたはずだ。洋服コ-ナ-は、この辺を歩いた。そして、私は、自立できない虚しさに、心が重い。そうだった。薬との戦いも、蘇る。よく生きてきたのかもしれない。
2017.06.11 我慢に我慢
怖いという感覚。怒られるという、怖い感覚。これがなかなか‥。身に染み込んでいる。(+_+) では、具体的に誰に【怒られるの】と、問うと、祖父・母らしき人物が浮かぶが、そうなのだろうか?緊張感から、手足に発汗し、自律神経が興奮しているのが分かる。感覚的には、脳が興奮しているように思う。 最近、福岡で警察官が、妻子を殺害したが、我慢に我慢を重ねたんだろうと思う。爆発した。幼いころから、寺をやりたくないのに、世間体もあり、我慢に我慢してきた。今となっては、どうなんだろう。近くの精神科医が、あまりにもお寺の子息が、受診するのが多すぎると嘆いていた。今では、寺の問題がライフワ-クになっているとのこと。う~ん。(一一")
車の中でラジオを聞いていたら、明治学院大学教授の高橋源一郎氏が、こんなことを言っていた。授業で、学生に【秘密】にしていることを無記名で書かすと、毎回同じ傾向のものが、第一位になるらしい。それは、「実は、友達が嫌い」ということらしい。しかも、ダントツ。口にできない、しないだけで、悩みは同じ。そんなものなのでしょう。私の、強迫神経症っぽい悩み、頭が締め付けられる悩み、緊張しやすい悩み、人の中に入っていきづらい悩みも、案外、同じようなものなのだろうか。