上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.11.28 自己否定感
最近、よく夢を見る。それも、かなり昔の人が登場する。なんか、深いものを感じる。嫌な思いが蓄積された無意識をどうするかに、かかっているような気がする。過去の記録の色を変えるということなのだろうけど。自己否定感で見るものだから、なんでも悲しいものになっていくのだ。
スポンサーサイト
組婦人会研修会の講師でした。話しながら思います。確かに、世間と仏の世界は、真逆なんでしょう。世間の価値観にどっぷりの私を想定しながら、話すとちょうど良いか。内容は、カウンセリング講座で得た内容や、お会いしているカウンセラ-の話をミックスしながら。気が付くと80分。話は難しい。(-_-;)凡夫か。確かに、煩悩に振りまわされている。転ずることを、歎異抄3章の悪人正機で説明してみた。どこまで伝わったか。理想は空に浮かぶ雲のようなもので、実は得体がなく、近づいても流れて行ってしまう。きりがない。こんな話でした。
410.jpg
右腕が腫れている。おそらく、9月6日に事業所対抗ソフトボ-ル大会で、ピッチャ-をやったからだろう。近くの診療所では、ばい菌が入ったかもしれないということで、血液検査をしたが。それにしても、頭の中で、色んなことを考えるというか、空転する。それも、頭の締付けの原因探し。もしかすると、死ぬまで追求せざるを得ないのかも。自律神経が興奮したままということか。自分の意志では統制できないので、もったまま諦めるということかもしれない。持ちながら、歩くということか。しんどいのだけど。
やはり、あまりにも長く服用した薬の影響ではないだろうか。もともと、脳がしびれるような硬直感はあったが。少しづつ、軽減しているように思うが、なかなか。
人との空間が維持できない、苦痛となる。怖くてしょうがない。これって、アスペルガ-の一症状ではないのだろうか。幼いころから感じている、人に理解されにくいもの。一か所にグッと思考が偏り、集中してしまう。うまくいかないと、投げやりになる。そして、自分の不甲斐なさで、落ち込む。いや、うまくいかない不甲斐なさで、どうする?と、誰かを困らせている気がする。やはり、障害か。分からん。3年任期の最後の、総会が終了。疲れ果てた。少し、自分の時間が必要。
409.jpg
お寺が7月にようやく新年度となる上、仕事も重なりアップアップ(+_+) 何とか乗り切ろう。前回のブログアップが5月ですから、かなりのブランク。緊張感ゆえの息苦しさは、相変わらず。(-_-;)見た目とそうでない苦しさのギャップ。分かってもらえない苦しさ。なかなか‥。今日は、13組の婦人会総会。1時間ほど、法話をしました。分かるのだろうか、苦しさ。この人たちにも、胸の内を聞かせてほしいのだが。こんな事は、私の問題?

最近、よく思う。体を緊張させ、耐えることが、生きる習慣・基本となっている。(-_-;)しかも、無意識に。人の顔色によって、私の人生も決まる?そう、そのことに、気づき始めてしばらく経つが、無意識にそうなってしまうだけに、なかなか。母親が、まさにその典型でした。苦しくて、しょうがない。原因が分かり始めただけに、遅滞として改善しないもどかしさ。朝、出勤途中の車の中で、こわばっている体を感じて、意識して脱力してみる。なかなか。 
う~ん。よくこなす。ここのところ、やることが目白押し。(◎_◎;)昨日は、午後から第1回目の推進員養成講座。講師が、脳の構造や心理学を述べられたのは意外でした。夜は、定例の組教化委員会。というより、4月から市役所の臨時職員なので、目一杯。(+_+)間・間には布団に入って休んでいます。カウンセラ-からよく「できる人だから」と言われていたのを、思い出します。下園壮太さんの本を紹介されて、サイコ-の評価法を少しづづやるが、意外と「悪かったところ1つ」が思い浮かばない。昨日の講師が、無意識の問題提起をしていたが、そうなんです。無意識だから厄介。刷り込まれた人生脚本の問題と捉えました。これが、なかなか…( 一一)
2016.03.31 ただそれだけ
あることで嫌な思いしても、事柄があっただけで、ただそれだけ。誰かとフッと会ったが、何故かという関連性はとくになく、ただそれだけ。明日別れる職場が・人があるが、流れがそうなっているだけのことで、ただそれだけ。多くの人・もの・現象があるが、その中の一微粒存在としている、ただそれだけ。それ以上以下でもないということか。
スキ-場のアルバイト、よく働いた。1ケ月に、4日だけの休日だから、詰めたことになる。4年半近く、家に居たから、嫌になったのも、原因のように思う。収入も目減りしていく一方だったし。春先のことを考え、今日は市役所の臨時職員の試験を受けた。4月から年度始まりなので、2月の今頃からが、採用情報が多くなる。市役所関係は、どこも1年限定。隣の市の試験もこの後、受けてみよう。アルバイトをしていると、気が付くと、頭の締め付けだけを意識していることが少ないように思う。気を張らざるを得ない結果、そうなるのだろうか。
最近、フッと少年期の感情が蘇ることがある。朝、マイクロバスに乗って、スキ-場に行く時、学童期にバスに乗って不安だったものが瞬間、蘇る。そうだったよな~。心細くて、寂しくて。「うちは特別な存在」「あなたには、無理無理」⇒このマジナイ。怖いお祖父さんの存在。意識に上る前の話か。大変だったんだ。無意識への刷り込みにつき、なかなか。(*_*;
2016.01.25
スキ-場の労働を体験する日々。現場のスタッフは、気性が荒い。(*_*; どこまで持ちこたえられるかテストしてみよう。激高した注意が、私、本人を責められているように反映する。なかなかです。昨日のカウンセリングで、改めて思考・行動・感情のバランスを考える。でも、たぶん元とも哲学的思考の私なのでは? カウンセラ-のHPを何とか作成した。 http://www.zb.ztv.ne.jp/p5xnixjb/

事柄と感情を分けた方が、いいか。そうだよな~。事柄をこなしているのに、自己否定が強いと、やったけどだめだったとなる。私の場合、寂しさが強いため、家族と一緒に居ても孤独感が漂う。人は怖い、人は私をバカにするというフイルタ-をかけているため、事柄を遂行するのに本当に疲れる。ようやく、カウンセリングのホ-ムペ-ジをなんとか作成した。人の悩みを見てみたいのだが。
ブラックホ-ルに吸い込まれるようで、力を入れている、抵抗している感じ。だが、そもそもブラックホ-ルは存在するのか?ひょっとすると、それは母か?緊張感だけが、存在する。一人で、自己防衛する癖がついたのか。う~ん。
おそらく、あれもこれもやりたいのだろう。追う詰めて、切羽詰っていた方が居心地がいいい?自分を認めることができるから?どうも自罰傾向が本当に強い。それなら、逆に建設的・生産的なものをさらにやり続けるか。緊張感を感じながら。「老いて何もできなくなってもいいように」と目指しても、出来る今はやった方がいいのでは。悔いが残ると思う。やった悔いより、やらなかった悔いの方がいつまでもくすぶる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。